足の弱ったペットを助ける|何がきっかけで起こるかわからないペットの皮膚病に関する情報

何がきっかけで起こるかわからないペットの皮膚病に関する情報

動物

足の弱ったペットを助ける

メンズ

再び外で遊べるように

人間と同様、愛犬も高齢になると徐々に足腰が弱り、自力で歩くことが困難になってきます。また、事故や病気などで同様の状態になることもあります。こうなるとうかつに外には出せず、終日を家の中で横たわったまま過ごさせることになります。しかし自由に歩き回れないというのは犬にとってストレスの原因になりますし、運動不足から骨や内臓がますます弱ってしまうことも懸念されます。こうした悩みを解決する手段として人気を集めているのが、犬用の車椅子です。車椅子といっても上に乗って移動するものではなく、一種の歩行補助器具です。足腰への負担をできるだけ軽くして、移動を楽にします。愛犬の元気な姿が再び見られるようになるとして非常に好評です。

身体に合わせて装着

犬用車椅子にはさまざまなタイプがありますが、基本的な構造はおおむね共通しています。胴体を包むようにしてフレームが組まれており、下部に車輪が付いています。それをお腹や肩に回したベルトで犬に固定して使用します。フレームはプラスチックまたはアルミ製が主流です。車輪は左右に1つずつの2輪が基本ですが、歩行困難の程度によっては4輪が採用されることもあります。購入の際に気をつけることは、サイズです。胴の幅や肢の長さと車椅子が合っていないと、却って歩きにくくなってしまいます。そのため、注文の際には愛犬の身体をきちんと採寸し、メーカーに伝えるようにします。最近では装着しながらサイズを細かくアジャストできる機能を備えた製品も販売されています。